よくある質問

2013年5月16日 木曜日

姑との仲が悪い妻は、離婚をすることができますか。

姑との仲が不仲であるという理由だけでは、離婚することは難しいと思います。確かに民法は、離婚原因の一つとして、「婚姻を継続し難い重大な事由」を定めていますが、婚姻関係の継続や清算は夫婦二人の自由な意思に基づいて定めるのが原則ですが、姑といった第三者が、婚姻関係の円満な継続を妨害しているといっただけでは離婚原因にはならないかと思います。
むしろ法律は、夫婦が一致協力してこうした第三者からの妨害を排除していくことを期待しているということが出来ます。
しかし、夫が妻と姑との関係を円満にする努力を怠ることにより、妻と姑の不仲を原因として夫婦間の婚姻関係を継続していくことが不可能なまでに破綻してしまったような場合、離婚出来る可能性は十分にあるかと思います。

例えば、妻と姑との不仲が原因で夫婦関係がおかしくなったにも拘わらず、夫が姑への絶対服従を続け、夫として父親としての自覚に欠け、妻を非難・嫌悪するばかりである時には、離婚原因として十分であるかと思います。

投稿者 行政書士あおき事務所

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒242-0007
神奈川県大和市中央林間6丁目2番18号 チャイルド・シティ105号

【電話番号】
046-273-6777

【受付時間】
9:00~18:00(夜間もご予約頂ければ対応可能)

お問い合わせ 詳しくはこちら